おいしい、おもしろい、うつくしい。石川県金沢市在住のクリエイターの視点から、金沢の新しい魅力を発信するウェブマガジンです。お土産や観光スポット、アート&デザイン、和菓子や珍味などのグルメ情報などをお届けします。

フード&ドリンク

【金沢あんこ巡り03】『清水甘味堂』のかぼちゃまんじゅう

20年来愛される、もうひとつのロングセラー


1963年に創業、円光寺にお店を構える『清水甘味堂』さんは、洋菓子と和菓子が購入できる貴重なお店です。和菓子では、豆大福をロール状にアレンジした創作和菓子「まきえんどう」が圧倒的なおすすめですが、マニアックな当連載をご覧いただいているあんこ好きなあなたには、20年来の定番商品としてひそかに愛される「かぼちゃまんじゅう」を激推しあんこスイーツとしてご紹介いたします。

ご近所の八百屋さんセレクトのかぼちゃを使用


ご近所の八百屋さんがその季節にベストなものを選んでくれるかぼちゃを使用。自家製のしろ餡にペースト状にしたかぼちゃをたっぷりと練り込んで、かぼちゃ本来の自然な甘さが引き出されるまでしっかりと手間暇かけて、ツヤツヤに輝くまで火を入れるのがこだわりです。それだけでもスイーツとして楽しめるほどに仕上げているというだけあって、かぼちゃのこっくりとした甘さとコクが存分に味わえます。かぼちゃの青臭さは全くなく、実の甘いところだけを食べているような感じ。無限に食べられそうです。

皮にもかぼちゃを練り込んだかぼちゃ尽くし


店自慢のかぼちゃ餡は皮にも練り込んであり、おまんじゅうを口に近づけるだけでほんのり甘いかぼちゃの風味がふわり。かぼちゃまんじゅうを食べる!という期待が高まります。しっとり感ともっちり感が両立した絶妙な皮の風合い、ふくよかな小麦の香り。このベストバランス、さすが20年来愛される逸品です。一度食べたらクセになるかぼちゃまんじゅう。お店に行ったら、かぼちゃまんじゅうの兄弟分として人気を二分する「黒糖まんじゅう」もぜひお楽しみください。こちらは小豆餡入りです。

店舗情報


店舗名
清水甘味堂
住所
石川県金沢市円光寺3丁目3−5
電話番号
076-241-9415
営業時間
10:00~19:00
定休
水曜、第3木曜※水曜が祝日の場合は営業、翌木曜に代休
WEB
https://kanmido.net/
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
河原剛

河原剛

プランナー/雑誌編集長

金沢で生まれ、金沢で育つ。大学を卒業後、出版社に入社し、タウン情報誌の編集・営業に携わる。和洋菓子店・ベーカリーをはじめ、小売店、飲食店、サービス業まで幅広いジャンルの雑誌広告や記事の制作、店舗販促のサポートを経験する。現在は、コピーライティング、コンテンツマーケティング、クラウドファウンディングの制作サポートなどに従事。地元金沢のモノづくりを発信するプロジェクトを企画中。

  1. 【金沢あんこ巡り06】『中華饅頭専門店 緋梅(あけうめ)』の粒あんまん

  2. 【金沢あんこ巡り05】『なかざき生菓子店』の豆大福

  3. 【金沢あんこ巡り04】『ASIAGOHAN to OHAGI ZEN』のおはぎ

  4. 【金沢あんこ巡り03】『清水甘味堂』のかぼちゃまんじゅう

  5. 【金沢あんこ巡り02】旭町「美福」の福おはぎ

  6. 【金沢あんこ巡り01】寺町「戸水屋」のくずまんじゅう

  7. 和菓子11_落雁 諸江屋『華ぼうろ』

  8. 和菓子10_和菓子村上『垣穂(かきほ)』

  9. 和菓子09_御菓子処みずの『アンドーナツ』

  10. 和菓子08_加賀麩 不室屋『生麩まんじゅう』

RELATED

PAGE TOP