おいしい、おもしろい、うつくしい。石川県金沢市在住のクリエイターの視点から、金沢の新しい魅力を発信するウェブマガジンです。お土産や観光スポット、アート&デザイン、和菓子や珍味などのグルメ情報などをお届けします。

フード&ドリンク

和菓子04_越山甘清堂『金城巻』

金沢のシンボルを表した、加賀百万石の銘菓

金沢城の天守閣を模した独特の三角形は金沢城と城下町の佇まいを彩る三つの用水をイメージして作られ、しっとりとした柔い焼き皮生地にあんを包んだ「金城巻」。明治21年創業の『越山甘清堂』さんの銘菓です。加賀百万石の栄華を誇る梅鉢紋の焼き印が押され、おみやげとしても支持される同店のロングセラー。

巻物と聞くと、細長いものと想像してしまいますが「金城巻」は三角形。ユニークな丸みを帯びた形に親しみを感じずにはいられません。和菓子は種類によって食べるのに適したシチュエーションがあって、おはぎのようにお重や大皿に並べてみんなで食べるようなものもあれば、お茶席や訪問先などで上品にクロモジを使っていただくものまで幅広いです。「金城巻」は後者のような気がします。どら焼きのようにおやつ代わりにパクつくようなものじゃないと。

ですが、ひとくち頬張るとどうでしょう、このなつかしい感じは。子どもの頃に母親が作ってくれたおむすびのようではありませんか。外の皮はふわふわで風味豊か、中の皮はしっとり、あんこはなめらかでほっこり。まるでホカホカご飯につつまれた鮭やコンブのおむすびのような喜びを感じます。ひとつ、ふたつ、もうひとつ。ああ、もっと食べたい。

越山甘清堂
本店:石川県金沢尾張町2-11-28 TEL:076-255-6610
営業時間:9:00〜17:30
定休日:水曜日(祝日は営業)
https://www.koshiyamakanseido.jp

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
河原剛

河原剛

プランナー/雑誌編集長

金沢で生まれ、金沢で育つ。大学を卒業後、出版社に入社し、タウン情報誌の編集・営業に携わる。和洋菓子店・ベーカリーをはじめ、小売店、飲食店、サービス業まで幅広いジャンルの雑誌広告や記事の制作、店舗販促のサポートを経験する。現在は、コピーライティング、コンテンツマーケティング、クラウドファウンディングの制作サポートなどに従事。地元金沢のモノづくりを発信するプロジェクトを企画中。

  1. 【2024年6月12日OPEN】『加賀藩御用菓子司 森八 久安店』

  2. 【2024年4月26日OPEN】デイリーフードの専門店『アヴニール マルフジ』

  3. 【2024年5月1日OPEN】老舗和菓子店がプロデュースするショコラトリーのソフトクリーム専門店

  4. 【金沢あんこ巡り7】『アリスファームキッチン』のあんパン

  5. 【金沢あんこ巡り06】『中華饅頭専門店 緋梅(あけうめ)』の粒あんまん

  6. 【金沢あんこ巡り05】『なかざき生菓子店』の豆大福

  7. 【金沢あんこ巡り04】『ASIAGOHAN to OHAGI ZEN』のおはぎ

  8. 【金沢あんこ巡り03】『清水甘味堂』のかぼちゃまんじゅう

  9. 【金沢あんこ巡り02】旭町「美福」の福おはぎ

  10. 【金沢あんこ巡り01】寺町「戸水屋」のくずまんじゅう

RELATED

PAGE TOP