おいしい、おもしろい、うつくしい。石川県金沢市在住のクリエイターの視点から、金沢の新しい魅力を発信するウェブマガジンです。お土産や観光スポット、アート&デザイン、和菓子や珍味などのグルメ情報などをお届けします。

お土産

【2024年4月26日OPEN】デイリーフードの専門店『アヴニール マルフジ』

パティシエとショコラティエが新鮮な素材を使って、季節の味を提案する


北陸で随一の規模を誇るオーナーパティスリー『スイーツガーデンマルフジ』がしばらく休止していたブーランジェリーを一新。創業69年を迎える『マルフジ』の原点「お菓子で人の心をつなぐ」をテーマに、全国で旬を迎える新鮮な食材を使ってデイリーフードを提供します。フランス語でアヴニールは未来の意。顔の分かる地元の職人が、材料を厳選し、イチから手作り。からだと心にやさしい味を提案してくれます。


菓子職人が上質な素材で手作りする焼き菓子やヴィエノワズリーにうっとり


洋菓子の上質な素材をたっぷりと使用。『マルフジ』の店名をモチーフにしたクロワッサン、ショコラトリーのチョコを使ったマフィンがずらり。『洋菓子マルフジ』で圧倒的な人気を誇る五郎島金時のスイートポテト「いもほり長者」や、本店ではバラで買えないクッキーを詰め込んだクッキー瓶などが揃います。色彩の豊さに思わず目移りしてしまいます。

丸型のクロワッサン「うず」は、シナモンが一番人気。
五郎島金時をたっぷりと使ったスイートポテトの創作菓子「いもほり長者」の焼き立てが楽しめます。
上が6種類のおすすめが詰め込んだ「キャンディボトル」、下が「クッキーボトル」。

30種以上の惣菜とプレーンなパン生地を合わせた食事向けのアイテムがずらり


お店には、毎朝手作りの心と体にやさしいデイリーフードが並びます。甘いものだけでなく、肉や魚、野菜を使った総菜をプレーンなパン生地に合わせて提案。惣菜は30種類以上のレシピから、季節に合わせて常時5種類以上用意しています。揚げ物などもすべて手作りです。素材にこだわって手間をかけた料理はランチや朝食にぴったりです。

さんど各種。左から、ハムたま、やわらかヒレカツ、照り焼きチキン(自家製ソース)。揚げ物はパン粉から自家製。
自家製ピーナッツバターの上にグラノーラをたっぷりトッピング。ザクザクした食感がたまらない「自家製バターピーナッツのオープンサンド」。


塩ブッセや地元産素材を使ったコンフィチュールなどギフトも充実


シェフパティシエが手掛ける塩ブッセ「まるふわ」は、ブッセの生地をふんわりと焼き上げて、中に塩味を利かせた特製バタークリームをたっぷりと挟み込んでいます。パティスリーならではの上質な素材でコクのあるバターがほんのりと甘い生地にマッチ。やさしい味わいなので子どもから大人まで世代を問わずに楽しめそうです。

洋菓子店ならではの上質な素材だからこそ生み出せる奥深い味わいの塩ブッセ「まるふわ」。冷やして食べるのもおすすめ。日持ちは10日間。ギフトにも喜ばれています。
ショコラティエが旬の食材を使っていちから手作りするコンフィチュールも人気。
ヘーゼルナッツ、くるみ、カシューナッツ、2種のアーモンド、マカダミアナッツとオートミール、押麦、琥珀糖が入った「自家製グラノーラ」。


夏の名物「メロンボール」を特別仕様で。メロンパンも見逃せない


『洋菓子マルフジ』の夏の風物詩「メロンボール」をスペシャルな仕様で提供しています。当日入荷するフルーツからシェフパティシエが自由に組み合わせてトッピング。当日朝にメニューが決まるので予約はできません。数量限定につき、手に入れたい人はSNSをチェックしてみてください。

特別仕様「メロンボール」。この日のトッピングは清見オレンジと台湾パイナップル。
「メロンボール」にちなんで作ったメロンパン。不定期に焼くので店頭で見つけたら即ゲット。

パティスリーが手掛ける「あんバター」などスイーツパンもチェック!


地元密着の洋菓子店として、小松の食材を積極的に使用。ケーキにも使っている小松の『深沢製餡』のこしあんをたっぷりと使った「あんバターサンド」を提供しています。厳選した上質なバターと自家製のフランスパン生地を使ったこだわりの味が人気です。

地元『深沢製餡』のこしあんを使った「あんバター」。右は「ハニーバタートースト」。

来年の創業70周年に向け、様々な企画を構想中


「小松のケーキのはじまりどころ」として1955年に創業。心温まるぬくもりをお菓子を通して提案してきた『マルフジ』。来年の5月に迎える創業70周年に向けて、さまざまなイベントや記念商品の企画も構想中。創業から変わらない思いで小松ならではの味を届けてくれる『マルフジ』で、あなたのお気に入りを見つけてみてください。

店舗情報


店舗名
アヴニールマルフジ
住所
石川県小松市沖町ナ30
電話番号
0761-22-7866
営業時間
10:00-18:00
定休
月曜、火曜 ※祝日の場合は営業
WEB
http://www.marufuji.cc/
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
河原剛

河原剛

プランナー/雑誌編集長

金沢で生まれ、金沢で育つ。大学を卒業後、出版社に入社し、タウン情報誌の編集・営業に携わる。和洋菓子店・ベーカリーをはじめ、小売店、飲食店、サービス業まで幅広いジャンルの雑誌広告や記事の制作、店舗販促のサポートを経験する。現在は、コピーライティング、コンテンツマーケティング、クラウドファウンディングの制作サポートなどに従事。地元金沢のモノづくりを発信するプロジェクトを企画中。

  1. 【2024年6月12日OPEN】『加賀藩御用菓子司 森八 久安店』

  2. 【2024年4月26日OPEN】デイリーフードの専門店『アヴニール マルフジ』

  3. 【2024年5月1日OPEN】老舗和菓子店がプロデュースするショコラトリーのソフトクリーム専門店

  4. 【金沢あんこ巡り7】『アリスファームキッチン』のあんパン

  5. 【金沢あんこ巡り06】『中華饅頭専門店 緋梅(あけうめ)』の粒あんまん

  6. 【金沢あんこ巡り05】『なかざき生菓子店』の豆大福

  7. 【金沢あんこ巡り04】『ASIAGOHAN to OHAGI ZEN』のおはぎ

  8. 【金沢あんこ巡り03】『清水甘味堂』のかぼちゃまんじゅう

  9. 【金沢あんこ巡り02】旭町「美福」の福おはぎ

  10. 【金沢あんこ巡り01】寺町「戸水屋」のくずまんじゅう

RELATED

PAGE TOP