おいしい、おもしろい、うつくしい。石川県金沢市在住のクリエイターの視点から、金沢の新しい魅力を発信するウェブマガジンです。お土産や観光スポット、アート&デザイン、和菓子や珍味などのグルメ情報などをお届けします。

お土産

和菓子08_加賀麩 不室屋『生麩まんじゅう』

とろりクリーミーなあんこと生麩のマリアージュ

京都や愛知と並んで古くから麩の生産地として知られる金沢には、麩を使った料理が生活になじんでいます。その一翼を担っているのが『不室屋』さんです。江戸時代から加賀麩の文化を継承されています。その『不室屋』さんでは麩専門店ならではの生麩生地から作る「生麩まんじゅう」を販売しています。
 
ワクワクしながら笹の葉の包み紐を解くと、つややかな薄緑色にきらめく麩まんじゅうがお目見え。今すぐに食べてしまいたい衝動を抑え、温かい番茶を用意して一旦心を落ち着けます。そっと口に近づけると鼻腔をとろかす清々しい笹の香り。たまらず頬張ると、餅のようでありながらツルリとしたみずみずしさは生麩ならではです。なめらかでもっちりとした生地の中のこしあんはあくまで甘さ控えめ。餅生地の和菓子には感じられないコク深さとすっきりとした後味が存分に堪能できます。
高い技術と素材へのこだわりが生み出すまさに珠玉の逸品。「豆を甘くして食べるなんて信じられない」とあんこを食べる習慣がない海外の人たちに食べていただきたい。きっと小豆の潜在力の高さに驚き、日本が誇るあんこ文化に開眼してもらえるはずです。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
河原剛

河原剛

プランナー/雑誌編集長

金沢で生まれ、金沢で育つ。大学を卒業後、出版社に入社し、タウン情報誌の編集・営業に携わる。和洋菓子店・ベーカリーをはじめ、小売店、飲食店、サービス業まで幅広いジャンルの雑誌広告や記事の制作、店舗販促のサポートを経験する。現在は、コピーライティング、コンテンツマーケティング、クラウドファウンディングの制作サポートなどに従事。地元金沢のモノづくりを発信するプロジェクトを企画中。

  1. 【金沢あんこ巡り7】『アリスファームキッチン』のあんパン

  2. 【金沢あんこ巡り06】『中華饅頭専門店 緋梅(あけうめ)』の粒あんまん

  3. 【金沢あんこ巡り05】『なかざき生菓子店』の豆大福

  4. 【金沢あんこ巡り04】『ASIAGOHAN to OHAGI ZEN』のおはぎ

  5. 【金沢あんこ巡り03】『清水甘味堂』のかぼちゃまんじゅう

  6. 【金沢あんこ巡り02】旭町「美福」の福おはぎ

  7. 【金沢あんこ巡り01】寺町「戸水屋」のくずまんじゅう

  8. 和菓子11_落雁 諸江屋『華ぼうろ』

  9. 和菓子10_和菓子村上『垣穂(かきほ)』

  10. 和菓子09_御菓子処みずの『アンドーナツ』

RELATED

PAGE TOP